死亡一時金

死亡一時金について

死亡一時金についてふかめていきたいと思います。 まず死亡一時金とは何かを見て行きましょう。

死亡一時金とは・・・ 国民年金の保険料を「3年以上納めた人」が老齢基礎年金と障害基礎年金の 両方を受給しないまま、亡くなってしまった場合に支払われる年金 これは説明がいらないと思いますが、上記のとおりに、 老齢基礎年金(厚生年金を支払っていたものが受けることができる年金)と 障害基礎年金(病気や事故などで障害が残ったものが受けることができる年金) の両方を受給することなく亡くなった場合に、その遺族へ支払われる年金になります。

◆死亡一時金の受給条件 死亡一時金は、
・国民年金加入者が、老齢基礎年金と障害基礎年金の両方を受給しないまま、亡くなってしまった事
・国民年金加入者と生計を共にしていたこと 等が条件になります。

◆死亡一時金はいくらもらえるのか
3年から15年・・・12万円
15年から20年・・・14万5千円
20年から25年・・・17万円
25年から30年・・・22万円
30年から35年・・・27万円
35年以上・・・32万円
という風になっています。

死亡一時金は、国民年金加入者が死亡した日から2年以内に行う必要があります。 ですので、この事を忘れずにおぼえておいてください。


町田 不動産
町田 ゴルフスクール