生命保険

生命保険の受取手続きについて

生命保険の受取手続きについてみていきたいと思います。 生命保険は任意ですので、もちろん故人が生命保険に加入していないと 受け取ることができません。

また、保険金の受け取りは契約時に指定した、保険金受取人が 手続きを行わなくてはいけません。 保険の種類、特約の種類など、生命保険により様々ですので、 故人が加入していた生命保険の会社もしくは、代理店に連絡をしましょう。

◆生命保険の受け取りの手順
一般的な生命保険の受け取りの手順についてみて行きましょう。

①保険金受取人が保険会社もしくは代理店に連絡をする。

②生命保険会社から必要な提出書類が郵送で届く

③②で届いた、提出書類を記入して、返送する。

④生命保険会社による保険金支払いが可能かどうかの審査がなされます。

⑤支払いが可能と判断されると、連絡がきますので、保険金受取人が保険金を受け取ります。

生命保険をかけておいて、保険金が支払い可能かどうか審査があると いうのはおかしいとお思いになられるかともいると思いますので、 補足を加えておきます。 これはどういう意味なのか。

実は、生命保険をかけていても、 受け取れない事があります。それは、被保険者が自殺した場合や、 故意に被保険者を死亡させた場合や、戦争やテロなどの反乱などによる 死亡の際は、残念ながら保険金が支払われません。

故人が病気や事故、などの理由でなくなった場合は、通常は支払われますので安心してください。


町田 不動産
町田 ゴルフスクール