「終活」で自分の葬儀を考える際の注意点

「終活」という言葉があります。自分の人生の最後をどうしめくくるかということを、元気なうちから考えて準備する、中高年齢者の活動です。「終活」では当然、自分の葬儀も大きなテーマになるでしょう。

最近は葬儀のスタイルも多様化していますから、以前よりずっと自由な発想で「理想の葬儀」を考えることが可能になりました。自分の葬儀を元気なうちから考えて、いわば「プロデュース」するのは、その本人だけでなく遺族にとっても良いことだと思います。

葬儀に慣れている人は少ないでしょうから、特に突然亡くなられた場合は、どうしていいか遺族がとまどうというケースが少なくありません。その際、故人本人の希望、「自分の葬儀はこうしてほしい」という指示があれば、遺族は大変助かるのではないでしょうか。

ただ、注意しなければいけない点もあります。1つは常識の範囲を逸脱しないこと。実際に葬儀を行うのは遺族なのですから、遺族がその指示を見て悩んでしまうような演出はやはり避けるべきでしょう。

もう1つ、これはぜひ「終活」のテーマにしてほしいのですが、葬儀の際に誰を呼んでほしいのか、誰に連絡してほしいのか、その名簿を作っておくことです。これは自分にとっても人生を整理、総括するという意味もありますし、なにより、遺族に対する配慮になるでしょう。

いざというときに、その名簿を見ながら連絡することができれば、「どなたに知らせればいいのか」という問題から遺族が解放されることになるわけです。

要は、自分の希望を最大限に取り入れながら、つねに遺族のことを考えて葬儀を演出する、ということだと思います。


町田 不動産
町田 ゴルフスクール