JAや生協の葬儀に注目しましょう

葬儀と言えば、一般の葬儀社がまず思い浮かぶものです。

しかし、何も葬儀社はそちらだけではありません。

他にもいろいろとありますので、その点はしっかりと注目しなければいけません。

そこで葬儀社についてですが、例えばJAや生協というものがあるという事も知っておきましょう。

そちらでも葬儀についてお願いすることができます。

会員しか利用できないと思っている方もいますが、会員以外の葬儀もできます。

ちなみにJAや生協の葬儀については大きな特徴がありまして、それは葬儀の費用が明確であるという部分です。

葬儀と言えば費用が不明瞭な事が多いのですが、そういった事も一切ありません。

安心して依頼することができるわけです。
明朗会計であれば、お任せして良かったと思えるでしょう。

 

散骨をメインにした葬儀について

今や葬儀の形態は、日本でも多岐に渡ってきています。散骨をメインとした葬儀も、最近では珍しくもなくなってきました。

 しかしその一方で、散骨には課題も少なくないと思います。確かに散骨は決して違法な葬儀ではありません。節度ある常識の範囲内の散骨であれば、埋葬法などの法律に抵触するようなこともありません。

 ただ、具体的に言ってどんな散骨までが許されるのか、その境界線は曖昧です。たとえば、時には散骨した粉が他人の私有地に飛び散ってしまうことも考えられます。それに国有地や名所旧跡の近くなどでの散骨も、常識の範囲内かどうかは判断は難しいのではないでしょうか。

 考えてみると散骨などの個性的な葬儀というものは、なかなか難しいものだと思います。葬儀に関する法改正も、必要なのかも知れません。


 


町田 不動産
町田 ゴルフスクール