夏場の葬儀参列

数年前に真夏の葬儀に参列したことがあります。これが非常に大変でした。小さなお寺を借りての葬儀ですので、冷房はありません。一応日よけのテントは用意されていたのですが、蒸し暑さには変わりはありません。

上着を脱ぐ人もいましたが、何となくそれも気が引けてしまって汗だくになって我慢しました。私は黒のサマースーツで葬儀に望みましたが、隣の人は折り目正しい黒の礼服でしたので、途中からグッタリとしていました。

幸い冷たいお茶と扇風機が用意されていましたので、時折日陰で休憩しながら時間を過ごしました。しかし、この葬儀で一番大変だったのはご遺族の皆様だったことは言うまでもありません。葬儀中、出来るだけ休んでもらえるように配慮しました。

 

納棺の際に入れる三角の布と葬儀

葬儀というものは納棺を行うわけですが、その時に三角の布というものを棺の中に入れるでしょう。
どういった意味合いがあってなんと呼ばれるものかという事も知っておいても損はありません。
その三角の布というものですが、天冠という名称になります。

一つの葬儀の風習として残っているものになります。

もちろん葬儀のタイプによっては行われない事もありますが、多くの場合に行われることになります。
葬儀の際の儀礼的なものと判断していただいて間違いはありません。いろいろな説があるのですが、死者の世界では冠をつけていなければいけないという話があり、

そのようなものを利用することになったという説もあります。
もしも気になった方は葬儀会社の方に説明を求めても良いかもしれません。


町田 不動産
町田 ゴルフスクール