香典返し

香典返しの準備について

香典返しの準備についてみて行きたいと思います。

香典返しは、通夜・葬儀に参列してくれた会葬者の方に、頂いた香典の お返しをすることを意味します。 昔は、香典返しは挨拶だけだったのですが、現在では、お礼の品物を 香典返しとしておくるのが習わしになっていますね。

それでは詳しく香典返しについてみていきましょう。 香典返しはいつ返せばいいのでしょうか。 香典返しは別名、忌明返しと言います。 忌明けとは、故人が亡くなってから五十日目の事です。

余談ですが、四十九日の法要はこの忌明けを迎えるための法要なのですね。 ということで、忌返しの名の通りに、香典返しは 四十九日に忌明けの挨拶を兼ねて送ることになります。

金額としては、香典額の3分の1~2分の1が一般的です。 品物はこれといって、決まりはありません。 最近では、会葬者の方に選んで必要なものを・・ と言うことで、カタログギフトが多くの香典返しを占めています。

香典返し.com http://kouden-gaeshi.com/ 上記のようなサイトがありますので、最近では、このようなサイトで 香典返しを選ぶことが増えています。 インターネットが普及して、ずいぶんと便利になりました。 このような便利なサイトを利用して、上手に香典返しをしましょう。

葬儀地域別情報・神奈川県(横浜市)