遺族基礎年金

遺族基礎年金ついて

遺族基礎年金についてふかめていきたいと思います。 まず遺族基礎年金とは何かを見て行きましょう。

遺族基礎年金とは・・・ 国民年金加入者に、扶養する子ども(未婚で18歳未満もしくは、20歳未満の1級2級の障害をもつ者) がいた場合に受給される年金のこと。 「配偶者・子ども」それぞれに支給されます。

ややこしいですね。例を挙げて説明します。 ある夫婦がいて2歳になる子どもがいたとします。 夫は国民年金に加入していました。妻は、夫の扶養にはいっていました。 その夫が亡くなってしまった時に妻と、子どもにそれぞれ支給される年金になります。 国民年金に加入している夫が死亡した場合に、夫の稼ぎによって生計を立てていた、 妻と子どもはいきなり生計が立てれなくなります。 その生活保護の為に支給される年金が、遺族基礎年金になります。

◆遺族基礎年金の受給条件
遺族基礎年金を受給するには条件があります。 保険料納付済の期間が加入期間の3分の2以上あり、さらに、死亡直前の1年間に 国民年金保険料の滞納がない事が条件になります。

条件を見たいしていない場合は、遺族基礎年金を受給できない場合もありますので、 一度、管轄の地方自治体に問い合わせてみてください。


町田 不動産
町田 ゴルフスクール