遺族厚生年金

遺族厚生年金ついて

遺族厚生年金についてふかめていきたいと思います。 まず遺族厚生年金とは何かを見て行きましょう。

遺族厚生年金とは・・・ 厚生年金加入者が在職中に死亡した場合や、老齢厚生年金を受給している人が 死亡した時などに、子供のあるなしにかかわらず、遺族に給付される年金の事です。 遺族基礎年金に上乗せして支給されることになります。

遺族厚生年金は、前項に紹介した、遺族基礎年金よりも幅が広く、 亡くなった方によって、生計が立てられていた妻、両親、祖父母、孫などが 受給することが可能です。

◆遺族厚生年金の受給条件
遺族厚生年金の受給の条件は ・厚生年金加入者が、保険料納付済み期間が国民年金加入期間の3分の2以上であること ・亡くなった方が、厚生年金保険に加入している在職中に亡くなった時 ・厚生年金加入時の病気やけがなどが原因で、診断を受けた初日から5年以内に死亡した時 ・厚生年金に20年以上加入していること ・老齢厚生年金の資格期間を満たした方が亡くなった時 などになります。

◆遺族厚生年金はいくらもらえるのか これは、厚生年金に加入していた方の平均標準報酬月額により異なりますので、 詳しくは、各自治体に問い合わせてください。


町田 不動産
町田 ゴルフスクール