寡婦年金

寡婦年金ついて

寡婦年金についてふかめていきたいと思います。 まず寡婦年金とは何かを見て行きましょう。

寡婦年金とは・・・ 国民年金における制度で、国民年金に25年以上の加入期間がある夫が 年金をもらわずに死亡した場合、一定の条件を満たす、妻に年金が支給される制度の事です。

つまり、自営業などで国民年金のみに25年以上加入した夫が、 一切、年金をもらえずに、亡くなった場合、一定の条件を満たす妻が 年金を受給できるということです。これは年齢が60歳から65歳までの5年間に限られ、 男性に対しては規定されません。 寡婦とは、夫と死別、または離別し、再婚していない女性のことをさします。 ですので、男性には規定されないのですね。

◆寡婦年金の受給条件
寡婦年金の受給条件は、
・夫が死亡した時に、夫の稼ぎにより生計を維持していた事
・夫と生計を同じくしていた者であって、850万円以上の収入がない事
・夫との婚姻生活が、10年以上継続した65歳未満の妻である事
・婚姻届けを提出していなくても、事実上婚姻関係と同様であれば認められる
・死亡した夫が障害基礎年金の受給者であった履歴がなく、老齢基礎年金の支給を受けていなかったこと などが条件です。


町田 不動産
町田 ゴルフスクール