死んだ時には音楽葬と葬儀をあげてもらうと決めました

私は将来自分が死んだ時には音楽葬を家族にしてもらおうと思っています。
私は三度の飯よりも音楽が好きな音楽バカでして高校時代から友人たちとビートルズのコピーバンドを組んでライブハウスで毎週演奏していたり、アマチュアバンドの全国大会に出場してみたり人生の半分以上を音楽についやしてきました。

つい先日学生時代にバンドを組んでいた友人が病気で亡くなってしまい葬儀に行ってきたのですがこの時初めて音楽葬という葬儀を体験したのですがその友人もビートルズの大ファンだったのですが葬儀の間ずっと彼の好きだったビートルズの曲がバックミュージックで流れ演奏者の方々が静かにビートルズの曲を演奏しましてもう普通の葬儀では考えられないくらい素晴らしい葬儀だったのです。

私もこの葬儀を見て私が死んだ時にも絶対に音楽葬をあげるぞと心の中で決め家に帰ったあと家族にもその日の音楽葬の話を説明して私が死んだ時には音楽葬をあげてほしいと懇願しました。それほど素晴らしい葬儀でした。

音楽葬に出席する時のマナーについて

映画が好きだという方もかなり多いのではないでしょうか。

映画が好きな方ですが、葬儀に付きましてもしっかりと考えてみてはいかがでしょうか。

葬儀というものにもいろいろな考え方があります。
映画が好きな方がなぜ音楽葬がお勧めなのかと思っている方もいるでしょう。
映画と音楽葬なのですが、葬儀の中で映画音楽をかけるという事を行うわけです。

映画音楽は特徴的なものが多く、しかも良く知られている存在です。

音楽葬としてそういった楽曲を使うということはかなり適しているという考え方もできるわけです。

映画が好きな方は生前にどういった映画音楽を使って音楽葬をしてもらえるかを考えておくのもお勧めです。

生きているうちに音楽葬についうて考えておかなければ、そもそも実行に移されることはありませんので注意してください。
音楽葬・家族葬・無宗教葬について


町田 不動産
町田 ゴルフスクール