東京23区の葬儀

散骨の方法

散骨とは、ご遺骨を細かく砕きこれを墓地以外の山や海に撒く葬法のひとつです。ご遺骨を埋骨するのではなく、自然に還す意味合いから山や海に撒くため「自然葬」とも呼ばれています。

最近、この散骨がブームにもなっていますが、インドでは古くから川の側で火葬を行った後、そのままご遺骨を川に流して故人の霊を弔っていました。本来、人間も自然の一部と考えれば、散骨はごく自然な姿だとも言えます。

散骨には、海にご遺骨を撒く方法と山に撒く方法、川に撒く方法があります。業者に頼んだ場合、船舶やヘリコプターを利用してご遺骨を海や山に撒きます。その費用は、約10万円前後からありますが、業者により異なります。 少子高齢化が進み、若者の価値観も多様化する中で、時代に合わせて葬儀のスタイルも変化をしていますので、今後は散骨という葬儀を希望する方はますます増えてくるでしょう。

ただし、散骨は散骨する場所やその方法にいくつかの問題点があります。それは、埋葬については墓埋法第4条に次のような条文があります。 「埋葬又は焼骨の埋蔵は、墓地以外の区域に、これを行ってはならない」 ですので、墓地以外の区域に埋葬すれば法律違反となるため、散骨が刑法190条の規定する死体(遺骨)遺棄罪に該当するのでは?という疑問が浮上してきました。

しかし、散骨のように海や空からご遺骨を撒いてしまう方法については、法的な規制は一切ありませんし、1991年には「葬送のための祭祀として節度をもって行われる限り遺骨遺棄罪には該当しない」と厚生省および法務省の発表がありましたので、それ以後、散骨を希望する方も増えているのが現状です。

つまり、散骨は「遺骨遺棄」が目的ではなく、あくまでも「葬送を目的としている」ので違反とはならないということです。ただし、節度をもって行われる限りとあります。尚、節度をもって行う方法として、以下のようなことが考えられます。 周辺の人々が嫌がる場所に散骨しない 環境破壊などを考慮し、ご遺骨は2ミリ以下程度に粉砕する。

<ご参考:葬儀斎場(東京都23区内)>
大田区の方は、火葬場併設の臨海斎場・桐ヶ谷斎場を利用する事が多いです。
港区の方は、火葬場併設の臨海斎場・桐ヶ谷斎場を利用する事が多いです。
目黒区の方は、火葬場併設の桐ヶ谷斎場・代々幡斎場・臨海斎場を利用する事が多いです。
品川区の方は、火葬場併設の臨海斎場・桐ヶ谷斎場を利用する事が多いです。
世田谷区の方は、火葬場併設の桐ヶ谷斎場・代々幡斎場・臨海斎場を利用する事が多いです。
文京区の方は、火葬場併設の落合斎場・町屋斎場を利用する事が多いです。
杉並区の方は、火葬場併設の堀ノ内斎場を利用する事が多いです。
渋谷区の方は、火葬場併設の代々幡斎場・桐ヶ谷斎場を利用する事が多いです。
新宿区の方は、火葬場併設の落合斎場を利用する事が多いです。
中央区の方は、火葬場併設の桐ヶ谷斎場・町屋斎場・落合斎場を利用する事が多いです。
千代田区の方は、火葬場併設の桐ヶ谷斎場・町屋斎場・落合斎場を利用する事が多いです。
練馬区の方は、火葬場併設の堀ノ内斎場・落合斎場を利用する事が多いです。
板橋区の方は、火葬場併設の戸田葬祭場を利用する事が多いです。
足立区の方は、火葬場併設の町屋斎場・戸田葬祭場を利用する事が多いです。
北区の方は、火葬場併設の町屋斎場・戸田葬祭場を利用する事が多いです。
葛飾区の方は、火葬場併設の四ツ木斎場を利用する事が多いです。
中野区の方は、火葬場併設の落合斎場・堀ノ内斎場を利用する事が多いです。
豊島区の方は、火葬場併設の落合斎場を利用する事が多いです。
荒川区の方は、火葬場併設の町屋斎場を利用する事が多いです。
台東区の方は、火葬場併設の町屋斎場を利用する事が多いです。
墨田区の方は、火葬場併設の町屋斎場・四ツ木斎場を利用する事が多いです。
江東区の方は、火葬場併設の四ツ木斎場を利用する事が多いです。
江戸川区の方は、火葬場併設の四ツ木斎場を利用する事が多いです。

【公営斎場プランがご利用になれる地域】
■ 東京23区内の葬儀


町田 不動産
町田 ゴルフスクール