東京都下の葬儀

散骨の問題点

ご遺骨を埋骨するのではなく、自然に還す意味合いから注目を集めている散骨ですが、「遺骨遺棄で犯罪とならないのか?」という問題点がありますので、その点についてまとめておきます。

まず、通常、ご遺骨は墓地などに埋葬するケースがほとんどですが、もしも墓地以外の区域に埋葬すると法律違反となります。これは、墓埋法第4条に「埋葬又は焼骨の埋蔵は、墓地以外の区域に、これを行ってはならない」という条文があるからです。

では、散骨の場合、刑法190条の規定する「死体(遺骨)遺棄罪」に該当するのではないかということで、マスコミなどでも注目を集めたわけです。 また、海や空で行われる場合には問題となることは少ないものの、陸地に散骨する場合、周辺住民などとの間でトラブルとなることもあります。

それは、散骨が小瓶に詰めた骨粉をサラサラと撒くようなイメージがあるものの、見た目に人骨と分かるものを含め散骨される焼骨は相当な分量があるからです。 まず、死体(遺骨)遺棄罪に該当するかどうかについては、今のところ問題はありません。法務省の見解は「節度をもって葬送の一つとして行われる限りは違法ではない」としていますし、厚生省では「山や海への散骨のような葬送の方法については想定しておらず、法の対象外」としているからです。

散骨する場所については、法務省の見解にある“節度をもって行われる限り”という表現に集約されているのではないでしょうか。遺骨に対しての恐怖や嫌悪感、または尊重といった人々の意識などを考慮し、周辺の人々が嫌がる場所には散骨しないことが基本となります。

また、散骨する際には、ご遺骨の原型を残さないよう2ミリ以下程度に粉砕することが必要です。散骨を業者に依頼すると、環境問題にも配慮してご遺骨を粉末状にしてくれます。また、業者によっては粉末にしたご遺骨を水に溶ける紙に包んで海へ散骨するところもありますし、業者の場合、漁場・養殖場のある場所、海上交通の要所を避けて散骨の場所を選んでくれますので安心です。

<ご参考:葬儀斎場(東京都下)>
八王子市の方は、火葬場併設の八王子市斎場・南多摩斎場を利用する事が多いです。
立川市・昭島市・国立市の方は、各式場から立川聖苑を利用する事が多いです。
武蔵野市・三鷹市・調布市・小金井市・小平市・東村山市・国分寺市・狛江市・東大和市・清瀬市・東久留米市・西東京市の方は、火葬場併設の多磨・日華斎場を利用する事が多いです。
青梅市の方は、火葬場併設の青梅市火葬場を利用する事が多いです。
府中市の方は、火葬場併設の府中の森市民聖苑を利用する事が多いです。
町田市・日野市・多摩市・稲城市の方は、火葬場併設の南多摩斎場を利用する事が多いです。
福生市・武蔵村山市・羽村市の方は、火葬場併設の瑞穂斎場を利用する事が多いです。

【公営斎場プランがご利用になれる地域】
■ 東京都下の葬儀


町田 不動産
町田 ゴルフスクール